2014年03月05日

AndroidスマートフォンからTARGET frontier JVを使ってみた

 タイトルはちょっと釣り気味ですみません。当然ですが、Androidスマートフォン上でTARGETは動作しないので、実際はAndroid上で動作する以下のリモートデスクトップアプリを使ってTARGETを動かしてみました。

Microsoft Remote Desktop
Microsoft Corporation
価格:0  平均評価:4.1(18,326 件)



 本記事では、リモートデスクトップ経由でTARGETを動かすまでの設定手順と実際にAndroid上で動かしてみた感想を紹介します。

■設定手順

 まず、TARGETを動かしたいAndroidスマートフォンにリモートデスクトップアプリをインストールして下さい。Androidリモートデスクトップアプリのインストール及び使い方は以下が詳しいです。
Microsoft Remote Desktopの基礎と実践:第1回 Android向けMS純正リモート・デスクトップ・アプリを使いこなす - @IT

 次にTARGETをインストールしたWindowsへリモートデスクトップ接続が可能になるように設定して下さい。具体的な設定については以下ののURLを確認して下さい。
Windows TIPS:リモートから「リモート デスクトップ」を許可する - @IT

 なお、上記記事にも書かれていますが、リモートデスクトップ接続を受け付けられるWindowsのエディションはProfessionalやUltimateといった上位エディションのみですのでご注意下さい。なお以下の動作確認はWindows 7 Ultimateで行っています。


■Optimus it L-05Eの場合

 ミドルサイズのスマートフォンL-05E上で動かしてみました。まずはディスプレイ解像度をチェックしてみるとリモートデスクトップ上の解像度は以下のとおり1368x770となっていました。L-05Eの実際の解像度は720x1280なので、実際の解像度と異なっています。

L-05E解像度.png


 TARGETを表示したイメージはこんな感じです。
L-05E出馬表.jpg

端末の解像度とWindowsの解像度が微妙に異なるため、多少文字が潰れますが見る分には問題無いです。

Androidリモートデスクトップは画面の拡大機能があり、それを使うとこんな感じになります。
L-05E出馬表拡大.jpg

ちょっとカクつきますが、TARGET経由でのレーシングビュアーによるレース動画もそれなりに見られます。
L-05Eレース動画.jpg

一連の操作イメージを動画撮影してみました。



意外とちゃんと動きますね。


■ARROWS NX F-06Eの場合

 5インチFullHD(1920x1080)のF-06Eでも動作確認してみました。リモートデスクトップ上の解像度は以下のとおり1796x1081と半端な数値になってます。横の1796は右側のスクリーン上のボタン分短くなってるのだと思いますが、縦が1081と1だけ大きくなってるのはよくわかりません。
F-06E解像度.png

同じくTARGETの出馬表を表示してみました。
F-06E出馬表.jpg

さすがのFullHDで、小さなスマートフォンにもかかわらず17走前まで出馬表が表示されています。

FullHDの分、拡大してもL-05Eと比較して情報量が多いです。
F-06E拡大.jpg

動画も含め、いろいろな情報を同時に表示してみました。
F-06E色々表示.jpg


■おまけ:Panasonic P-01D

今更感もありますが、おまけでP-01Dでも試してみました。P-01Dの解像度は800x480と今の基準からするとかなり粗い解像度ですが、リモートデスクトップ上の解像度は以下のとおり1280x768となっており、実際の解像度よりかなり細かい数値になってます。
P-01D解像度.png

そのため、かなり文字が潰れて表示されますが、まあ読めないことはないです。
P-01D出馬表.jpg

正直、P-01Dではまともに動かないかと思いましたが、意外と普通に動きました。
P-01D拡大.jpgP-01Dレース動画.jpg


■まとめ

 リモートデスクトップを使って、手持ちのAndroidスマートフォンでひと通りTARGETを動かしてみました。アップした動画を見て頂ければわかるとおり、思ったより普通に動きます。もちろん操作性等は快適とは言えないのですが、ちょっとデータを確認する用途なら十分使えると思います。

 とはいえ、家の中のLAN環境であえてスマートフォン上でTARGETを使う必要性はあまりないと思います。

 実用的な使い方としては例えば以下のようなVPNサービス

を使って、外出先で家の中のTARGET環境をちょっと確認するというような用途で使えそうです。現状VPNサービスを使ってないので動作確認できませんが、機会があればVPN経由での使い勝手も確認してみようと思います。






posted by knaka at 08:04 | Comment(0) | モバイル競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月03日

Miix 2 8にTARGET frontier JVをインストールする際の注意点

8インチタブレットMiix 2 8でのTARGET frontier JV使い勝手とオススメ設定: コンピューター競馬活用術

上記記事で、Lenovo Miix 2 8ようなWindows8.1 8インチタブレットでTARGET利用に関して記述しましたが、本記事ではMiix 2 8にTARGET frontier JVをインストールする際の注意事項を紹介したいと思います。


■Miix 2 8のディスク容量について

Miix 2 8の32GB版の場合、デフォルトでは以下のとおり7GBが初期化用の回復パーティションに割り当てられており、最初から空き容量が数GB程度しかありません。
BitLockerで暗号化済み.png

TARGET frontier JVをインストールするとディスク容量を4〜5GB程度消費するため、空き容量がかなり少なくなる点に注意が必要です。

なお、この回復パーティションは以下のとおり削除することも可能です。
2014-02-15 06.07.30.jpg

削除すると7GB程度ディスク容量が増えるため、TARGETをインストール後もある程度のディスク容量を確保できるので、他のアプリケーションもインストールすることが出来ます。また以下の記事で紹介したDropboxをインストールしてのTARGET環境の同期もやりやすくなります。Dropboxを使ったTARGET frontier JV 環境の同期方法を紹介: コンピューター競馬活用術


なお、回復パーティションの削除方法、及び削除時の注意点は以下の記事を参考にして下さい。
■トライアルキットによるインストールについて

TARGET frontier JV未経験者向け導入手順紹介(3)【TARGET環境の最も簡易な構築手順】: コンピューター競馬活用術
で紹介したトライアルキットを使ってTARGETをインストールする場合、DVDドライブが必要になります。Miix 2 8には通常のUSBポートがないため、外付けDVDドライブを接続するためには、例えば以下の様なmicroUSBに対応した、USBハブが必要になります。


Miix 2 8とNW接続された母艦PCのDVDドライブにトライアルキットのDVDメディアを入れ、右クリック > プロパティ を選択します。
NW経由でTGインストール1.png

「詳細な共有」をクリックします。
NW経由でTGインストール2.png

「このフォルダーを共有する」をチェックし、「OK」を押します。
NW経由でTGインストール3.png

これで、母艦のDVDメディアをネットワーク接続したMiix 2 8から参照できるようになります。あとはMiixからJRAVAN.exeを実行すればJV-LinkやTARGETをインストールするメニューが表示されるはずです。
NW経由でTGインストール5.png

メニューから上手くインストール出来ない場合は、以下のフォルダから直接TARGETのインストーラを起動して下さい。
NW経由でTGインストール4.png


■まとめ

以上、Miix 2 8でTARGET frontier JVをインストールする際の注意事項をまとめてみました。Miix 2 8(特に32GB版)へのTARGETインストールを考えている場合に参考にして下さい。






posted by knaka at 06:23 | Comment(0) | モバイル競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月02日

8インチタブレットMiix 2 8でのTARGET frontier JV使い勝手とオススメ設定

最近、Windows8.1がインストールされた8インチタブレットが各社から発売されています。私もその中の一つであるLenovo Miix 2 8を購入してみました。


 まずは、実際にTARGETをMiix 2 8で使っているところを動画に撮ってみました。



 動画を見て頂ければわかりますが、動作自体は問題ありません。レーシングビューワーとの連携も普通に動作します。あとは、いかにタッチ操作を改善するかになります。TARGETには各ボタンや文字サイズを大きくする設定がありますので、その設定により多少操作しやすくなると思います。

TGフォントサイズ.png
「表のフォントサイズ」を「最大」に設定

TG画面表示.png
メニューバーの「オプション」→「環境設定」から、「画面表示」を選択し、「本体のボタン等の拡大」をチェック

画面表示設定.png
「全子画面の拡大設定一覧」をクリックし

画面文字サイズ一覧.png
「全てON」をクリック

 以上の設定で各種ボタンや文字が大きくなるため、タブレットでの操作がしやすくなります。なお「全てON」等で各画面を拡大した場合、「各画面の拡大時の比率」に設定された倍率(デフォルト130%)に従い拡大されます。この拡大率を大きくすることで、拡大時の文字やボタンがますます大きくなります。あまり大きくすると今度は画面がはみ出したり、レイアウトが崩れたりするので、好みで調整して下さい。私的にはデフォルトの130%でいいかなという感じです。

 また「全てON」ではなく、各画面を個別にON/OFFすることも可能です。個別画面のみ拡大したい場合は先の「画面文字等サイズ一覧」画面の各画面項目を個別にON/OFFして下さい。


モバイルTARGET端末紹介【10インチタブレットASUS T100TA】: コンピューター競馬活用術
では、正直10インチタブレットでTARGETを操作するのはキツイ、10インチならノートPC形式のほうが競馬場でも使いやすいと思ったのですが、8インチだとかなり印象が変わります。8インチのMiixはとにかく軽くて小さいため、多少操作しにくいデメリットをカバーできると思いました。 
 8インチタブレットサイズでTARGETを持ち歩けるという、いい時代になりました。個人的には、競馬場に持ち込むモバイルTARGET端末をノートPC形式のT100TAにするか、8インチタブレットのMiix 2 8にするか、迷いますね。





posted by knaka at 00:01 | Comment(0) | モバイル競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。