2014年07月23日

三浦リターン再調査(2014年前半)三浦皇成への乗り替わりは馬券的に狙い目かも

三浦皇成から違う騎手に乗り替わった馬がレースで好走することを指す「三浦リターン」。
以前、以下の記事で三浦リターンがデータとして現れるのかを調査しましたが、

2013年については実は三浦リターンはな存在しなかったという結論でした。

その状況が2014年になって変わっていないかを調査したところ、さらに衝撃?の結果でした。


■調査条件

調査の方法は、以前の記事と同じで

  • 前走三浦騎手から別の騎手に乗り替わった場合
  • 別の騎手から三浦騎手に乗り替わった場合

で成績を比較します。調査期間を2014年1月〜6月としてます。


■調査結果

TARGETでの検索結果は以下のとおりでした。

三浦→別騎手の戦歴
01.png



別騎手→三浦の戦歴
02.png


まずは単勝回収率、及び複勝回収率では

  • 三浦→別騎手:単勝回収率55%、複勝回収率88%
  • 別騎手→三浦:単勝回収率79%、複勝回収率103%

となっており、今年は更に三浦皇成騎手に乗り替わった場合の方が馬券の回収率が上がっていました。

人気信頼度(5番人気以内の馬を人気以上に走らせた確率)で比較しても

  • 三浦→別騎手:人気信頼度44.0%
  • 別騎手→三浦:人気信頼度48.3%

人気に応える確率も、今年に関しては三浦皇成騎手に乗り替わった場合の方が高くなってます。


■三浦皇成への乗り替わりは馬券的にはむしろ好材料

三浦皇成騎手は去年より更に結果を出していることになります。三浦リターンどころか、三浦皇成への乗り替わりは馬券的には狙い目と言えそうです。





posted by knaka at 06:25 | データ分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月09日

三浦リターンは存在するのか?TARGETで分析してみた

 三浦リターンという主にネットで使われる競馬用語があります。知らない人のために簡単に説明すると、三浦というのは三浦皇成騎手のことで、三浦皇成から違う騎手に乗り替わった馬がレースで好走することを言います。

三浦皇成.png

 要は下手なのに騎乗馬が集まるとされる騎手を揶揄する言葉です。なお三浦の部分は他の騎手に変わる場合もあり、場合によっては豊リターンとか岩田リターン等、一流ジョッキーのはずの武豊や岩田康誠に使われる場合もあるようです。

 本記事では、本当に三浦リターンは存在するのかをTARGETを使って調査してみたいと思います。またこの調査はTARGETのレース検索機能を知る上でも面白い例ですので、TARGETのレース検索機能を使いこなしたい方もぜひご覧ください。


■どのように調べるか

 三浦リターンを調査する方法として、本調査では、前走三浦騎手が騎乗した馬の次走に

  • 前走三浦騎手から別の騎手に乗り替わった場合
  • 別の騎手から三浦騎手に乗り替わった場合

とでどのような違いがあるかを比較することで行います。なお調査期間は2013年の1年間としました。


■まずは2013年の全戦歴をTARGETでデータ検索

 まず2013年の全戦歴をTARGETで出力します。

TARGETの「レース検索」から「選択馬条件」で確定着順を全順位に設定します。
2013年度全戦歴検索1.png

以下のとおり、2013年度全体を検索範囲として設定し、「検索実行」を選択すると2013年度の全戦歴が検索されます。
2013年度全戦歴検索2.png



■前走三浦騎手から別の騎手に乗り替わった場合のデータ検索

次に検索結果から前走が三浦皇成騎手だったレコードを絞り込みます。「前走読込」ボタンを押して前走データを読み込みます。前走読み込み.png

以下のとおりレース検索結果の各レコードの前走が読み込まれて、前走情報を分析に使えるようになります
前走読み込み2.png

ここから前走が三浦皇成騎手のレコードのみを絞り込みます。
「項目集計→」から「前走騎手」を選択します。
前走騎手選択.png

前走騎手ごとに集計されます。ここで「三浦皇成」を右クリックし、「該当データの一覧」を選択します。
前走騎手選択2.png

前走が三浦皇成騎手だったレコードが一覧表示されます。
前走三浦皇成1.png

ここから、今走も三浦皇成騎手だった場合と、そうでなかった場合のレコードを分離します。このような場合、マーク機能を使うのが便利です。
「項目集計→」騎手を選択、三浦皇成を右クリックし、「該当データをマークする」を選択します。
三浦皇成データ仕分け.png

この通り、前走三浦皇成だった中で今走も三浦皇成騎手だったレコードに星マークがつきました。
三浦皇成データ仕分け2.png

マークメニューから「マーク行★を別画面で一覧する」を選択します。
三浦皇成データ仕分け3.png

前走から連続で三浦皇成が騎乗したレコードが一覧表示されます。
三浦皇成データ仕分け4.png

元の画面に戻り「マーク行の削除」をクリックし、今走が三浦皇成だったレコードを削除します。
三浦皇成データ仕分け5.png

前走三浦皇成から乗り替わったレコードのみが残ります。
三浦皇成データ仕分け6.png


以上で「前走三浦騎手から別の騎手に乗り替わった場合」の全データが出力されたことになります。


■前走別の騎手から三浦騎手に乗り替わった場合のデータ検索

次に、「別の騎手から三浦騎手に乗り替わった場合」の全データを検索します。

 基本的には「前走三浦騎手から別の騎手に乗り替わった場合」と同じ考えで検索します。前走騎手が三浦皇成以外の騎手で今走が三浦皇成騎手のレコード一覧をマーク機能を使って出力すればOKです。

 ただし、前走が三浦皇成以外の騎手だったデータを検索する際に、前走が無いデータ(初出走等)が残ってしまうため、これを除外する必要があります。スマートな方法が見つからなかったのですが、私の場合、前走項目「間隔」で集計し、
初出走削除.png

間隔を「全範囲」に設定。

全範囲.png

間隔が「1-999週」に「該当データをマークする」を設定することで、
全範囲マーク.png

出走間隔が存在するデータ(つまり初出走ではないデータ)がマークされます。
その後、マークメニューから「全マークの反転」を行うことで、間隔が存在しないデータ(つまり初出走)がマークされますので、そのデータを削除することで初出走のデータを除外しました。

 上記に注意して、別の騎手から三浦騎手に乗り替わった場合のデータを出力すると、以下の様な感じになります。
別の騎手から三浦騎手に乗り替わった場合.png


■馬券的にはむしろ三浦リターンはおいしかった?

  • 前走三浦騎手から別の騎手に乗り替わった場合
  • 別の騎手から三浦騎手に乗り替わった場合

のそれぞれのデータ一覧は揃いましたが、そこから三浦リターン有無を判断する方法としては色々な考え方があると思います。

 基本的には、馬券になる、ならないで三浦リターンを判断することが普通でしょうから、単勝回収率、及び複勝回収率を見てみると

  • 三浦→別騎手:単勝回収率72%、複勝回収率71%
  • 別騎手→三浦:単勝回収率74%、複勝回収率93%

となっており、馬券の回収率としてはむしろ三浦騎手に乗り替わった場合のほうが良いようです。(もしかすると「三浦リターン」が競馬ファンに定着していてオッズに影響を与えているのかもしれませんが)

 ただ、人気信頼度(5番人気以内の馬を人気以上に走らせた確率)で比較すると

  • 三浦→別騎手:人気信頼度47.9%
  • 別騎手→三浦:人気信頼度41.7%

となり、三浦騎手から別騎手に乗り替わった場合のほうが人気には答えている、逆に言うと三浦騎手に乗り替わった場合は人気を裏切るケースが多いことがわかります。

 以上を総合すると、

「三浦騎手に乗り替わった場合は人気を裏切ることが多いが、穴馬を持ってくる点では他の騎手への乗り替わりより馬券的には美味しい」

ということになり、少なくとも2013年度については三浦リターンは存在しなかったと結論づけたいと思います。



posted by knaka at 20:58 | Comment(0) | データ分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。