2014年09月22日

第61回 日本テレビ盃(JpnII)予想 ◎グラッツィア 休み明け3走目でベルシャザールを千切った能力に期待

2014年9月23日(祝火)船橋競馬場ダート左回り 1,800mで行われる日本テレビ盃(JpnII)の予想です。

前日オッズを見ると、やはりクリソライトが1番人気で、あとはJRA勢とトーセンアレスが僅差で人気を分け合うという構図のようです。

このオッズであれば、先日の展望通りグラッツィアを本命としたいと思います。
去年の同時期のラジオ日本賞でのベルシャザールを千切った能力に期待です。

相手はダノンカモンを本線とします。
前走の1400mのプロキオンSでも直線伸びかけたところで狭くなる不利があったように見えました。前走で1400mの早い流れを経験してきたことで今回はすんなり前に行ける可能性が高く、そうなればこのメンバーなら残ってしまう可能性が高いとみます。

▲はグレープブランデーです。前走は休み明け+出遅れで評価対象外です。過去の実績だけなら勝ち切ってもおかしくない力の持ち主ですし、仮に完全復調してなくても東海Sくらい走れば3着位はありそうです。

クリソライトは前走こそ2000mで特に速い馬もいなかったため前に行けましたが、元々すんなり先行できるタイプの馬ではないです。今回はスピードのあるダノンカモンが外にいることで、前走と同じ競馬が出来ない可能性が高いです。流れに乗れないと大凡走もある馬で1番人気なら馬券からは外したいと思います。

で、グレープブランデーもクリソライトも凡走した場合、トーセンアレスが3着に繰り上がることになると思います。

グラッツィア
ダノンカモン
グレープブランデー
△トーセンアレス






posted by knaka at 20:35 | 競馬予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ブログパーツ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。