2015年06月07日

第32回フェブラリーS回顧 コパノリッキー武豊騎乗で今後も取捨に悩みそうです

第32回フェブラリーS回顧です。

■レース前予想と結果

第32回フェブラリーS_結果.png

◎カゼノコ
◯ベストウォーリア
△インカンテーション
×ローマンレジェンド


■レース回顧

カゼノコは4角マクリ気味に上がってきた時は一瞬オッと思ったのですが、直線は失速してしまいました。
その後のブリリアントSでも勝ちきれなかったところを見ると、一線級相手だと展開待ちになるようです。

それにしてもコパノリッキーは武豊と手が合うようで、被せられると弱いコパノリッキーの弱点が出ないような乗り方ができてますね。
コパノリッキーは故障したようですが、復帰後も武豊が乗り続けるようならますます取捨に悩みそうです。





タグ:レース回顧
posted by knaka at 17:04 | 競馬予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。